警察官試験の論文や面接でも使える!警察OBの罪と罰の話をします

= 262

兵庫県警のOBの人が空き巣の常習犯で
逮捕されてました。

僕の目

しかも肩書きが危機管理コンサルタント?
ナヌ?俺の企業向けの仕事の肩書きと
そっくりじゃねーか。

こういうことをされると一転して
「警察のOBといっても怪しいかもしれない」
「途中で辞めるなんてクビになったのかも?」
とか思われてしまいそうです。

難儀ですな。
この手の事件は。

警察官ではないですが、警察出身者として
最低限守らなければいけないことって
わかってます。

今でもそこは自分にも厳しいです。
また、周りも OBという目で見てきます。
辞めてもそういうところは変わりません。

というか変われない…。

それがその人の人生なんでしょうね。
積み重ねです。

試験チェック

では、なぜこの件をブログで書くのか?
そりゃ元職場が嫌いだからです。

違う違う。
んなわけでないでしょ?

人って信用なんだってことが言いたいんです。
もし僕が実は痴漢の常習者だったら、
こんなブログ誰も読ままいし、LINE@の
登録者なんて即ブロックですよ。

家族も路頭に迷いますし。

なる前も警察官として仕事をしている時も
辞めた後も信用を失ってはいけないってこと
です。

これってずごく大事なことです。
警察官だから信用されるとかではなく
社会人として信用を失ってはいけません。

ですから、今まで心かけていたことを
聞かれたらそのようなことを答えても
いいと思います。

あなたは人から信用されるために
どのようなことに気を配っていましたか?

僕の実践方法

大きく2つあります。

1つ目は嘘をつかないこと。

ブログですので目に見えない読者に
向かって書いているので難しいところ
はありますが。

でも、嘘は書いてません。

その積み重ねが信用につながっていると
思っています。

2つ目は警察批判をしないこと。

警察批判は簡単です。
面白いですし、ネタにもなる。

でも、それではその場限りの笑いは取れても
信用は勝ち取れません。

良いところ悪いところを全て客観的に
伝えていこうと思っています。

この2つはいつも心がけています。

もう一度聞いて見ましょう。

あたなは人のどういうところを信用しますか?
あなたは自分のどこが信用されていると
思っていますか?

最短最速で警察官になる 無料メール講座

業界初!オリジナル有料講座

1時間でブレない志望動機が作れます!

LINE@始めました
隣の受験生とはちがう!

現場で生まれた思考と感性で合格できる!最短、最速、超リアルな面接対策!

ABOUTこの記事をかいた人

元兵庫県警刑事 クレーム、コンプライアンスを内容とした企業、大学、士業向けの講演多数。 「受けるからには受かる」「受かったからには続ける」 合格するだけではなく、現場で培ったマインドセットにも重点を置いて皆さんの警察官採用試験合格を応援します。