もし警察官になれなかったらどうしますか?何が原因?その答えは…

= 287

すみません。
いきなり縁起でもないタイトルにしてしまって。

でも、警察官受験生にも
是非伝えておきたいことですので、
お付き合いください。

僕が警察官採用試験を受験していた当時
同じ予備校仲間でMさんという年上の男性が
いました。

この方はボクシングをしていて身体はムキムキ。
しかも、国立大学出身。
当然のように1次試験は受かりまくっていました。

しかし、2次試験が受からないんです。
何度受けても受からないんです。

仲間でなんでMさんは受からないんだろうって
いう話をしていました。

ある時、誰も試験には受かっていなかったものの
慰労の意味を込めて銭湯に行きました。

気持ちよかったんですが、
そこでMさんの胸を見たら
大きな手術の跡があったんです。

かなり大きな手術痕でした。

それを見てみんなMさんに
「警察は手術とか病気って大丈夫なん?」
って聞きました。

Mさんは
「そこなんよね。あかんかもしれへん。」
とだけ言っていました。

警察官採用センターに聞いても
答えてくれませんでした。

結局、Mさんは30歳まで受験して不合格。
10回以上は面接に行っていました。

でも、Mさんは馬鹿じゃなかったんです。

28歳の時に大手警備会社に就職していました。
大卒大卒採用です。

「もしからしたらダメかもしれない」
「でも、あきらめきれない」
という気持ちが交差していたんでしょうね。

自分にケリをつけるために
30歳まで受験したのだと思います。

今や大手警備会社の幹部です。

数年前にお会いした時は
「あの時の努力があったから、会社でもやっていけた」
とおっしゃっていました。

そう、採用試験の努力ってちゃんと生かせれていたんです。
その時の努力の結晶が今の地位を築かせたのかもしれません。

 

 

 

警察官の試験ってわからないところが
多いですよね。

何で受かるのか落ちるのか?
正直、謎なところがあります。

そのことが不安になっている受験生が
現にいます。

LINE@やメール講座の反応が
それを証明しています。

じゃあ、どうするの?

不安ならやめますか?

それも手です。

どうしますか?

自分なりにやるしかないでしょう?

持病とか交通違反歴とか、
もしかしたらこれが原因で受からないのかも
っという心当たりがあるかもしれません。

でも、あなたが警察官を目指すなら
後悔のないようにすべきです。

どうのように立ち向かっていくべきか?
そこをしっかりと考える必要があります。

警察だけが人生ではありません。
あなたの人生は無限の可能性があります。

ですから、全ての可能性を頭に入れて
試験に向かっていきましょう。

見えない困難が立ちはだかった場合は
いかにして対応していくかです。

そこには自分の納得というエッセンスも
入れる必要があります。

最短最速で警察官になる 無料メール講座

業界初!オリジナル有料講座

1時間でブレない志望動機が作れます!

LINE@始めました
隣の受験生とはちがう!

現場で生まれた思考と感性で合格できる!最短、最速、超リアルな面接対策!

ABOUTこの記事をかいた人

元兵庫県警刑事 クレーム、コンプライアンスを内容とした企業、大学、士業向けの講演多数。 「受けるからには受かる」「受かったからには続ける」 合格するだけではなく、現場で培ったマインドセットにも重点を置いて皆さんの警察官採用試験合格を応援します。