僕が警察官採用試験の作文論文、面接講座を始めたのかお話しします

= 271

なぜ警察を辞めたのか?

僕は刑事としていろんな相談業務を
受けてきました。

その中で万引き対策、クレーム対策
SNS対策、自己防犯、護身術など
あらかじめ知っておけば防ぐことができたのでは
ないかということが沢山ありました。

だったら、民間でこれらのノウハウを教えたら
犯罪を減らすことができると思ったのです。

だから、僕は会社や大学等で自己防衛に必要なことを
講演してきました。

なぜ警察官試験事業なのか?

講演の中でよく受講生から
「将来警察官を受けたい」
「知り合いが警察官を受けている」
という声をよく聞きました。

世の中にはこれほど警察官希望者がいるのかと
思いました。

しかし、現状はせっかく警察官になったのに
①現実と違う
②つまらない
などという理由で退職する人がいます。

せっかく警察官を志したのに
なんでこうなるんだろうと思っていました。

警察官としての心構え的なものを
知っていればそんなことにはならなかった
と思っていました。

ですから、未来の警察官に対して
ぜひこのような心構え的なものも持っておいて
欲しいと思うようになりました。

なぜ、警察官試験の論文・作文、面接なのか?

この心構えって警察官の実務に即したものなので
警察官として採用された後だけではなく、
警察官採用試験そのものにも使えます。

警察官の採用試験の中で論文や面接は
まさにその想いを表現する場となります。

論文作文は筆で、面接は言葉で表現できます。

僕は論文と面接に特化している理由は
こういうことになんです。

そりゃ、勉強の方が教えるのは楽です。

答えが決まっていますから。

しかし、論文・作文、面接はその受験生の個性を
出して行きたいので、大変な作業となります。

それでも、皆さんが警察官試験に合格し、
警察官として活躍してもらうことが
僕の目標なので、僕の中ではやっぱり論文・作文、
面接なんです。

数的処理を教えることではないんです。

ここは外せません(笑)。

そんな想いで始めたPolice Skill Masterコース

ここから日本中の治安を守ってくれる後輩が
出てきてくれることを心から願っています。

最短最速で警察官になる 無料メール講座

業界初!オリジナル有料講座

1時間でブレない志望動機が作れます!

LINE@始めました
隣の受験生とはちがう!

現場で生まれた思考と感性で合格できる!最短、最速、超リアルな面接対策!

ABOUTこの記事をかいた人

元兵庫県警刑事 クレーム、コンプライアンスを内容とした企業、大学、士業向けの講演多数。 「受けるからには受かる」「受かったからには続ける」 合格するだけではなく、現場で培ったマインドセットにも重点を置いて皆さんの警察官採用試験合格を応援します。