警察官になったあとはどうなるの?警察官になるデメリットは何か?

= 502

こんなことを書く人ってなかなかいない
ですよね。

でも、皆さんには警察官になった後も
しっかり活躍して欲しいので
あえて書いてみます。

せっかく長い間現場にいたわけなので
書いちゃいます。

デメリットを一言で言うなら
「潰しがきかない」ことです。

予備校での宣伝

警察官受験に力を入れている大学や
各種学校では警察官をはじめとした
公務員受験への賞賛がすごいです。

「受かれば一生安定します。」
「やりがいがあります。」
「社会的信用があります。」
とかって言っています。

講座を受けて欲しいから
公務員を褒める褒める(笑)。

実際にはどうなのか?

安定はしてますが、給料は普通です。
民間の方が昇級率が高い場合もあります。

やりがいは民間でもあります。
汚い仕事でもやらねばならぬのです。

社会的信用があります。
これはその通りです。

最大のデメリット

最大のデメリットはこれではありません。
「潰しがきかない」ことです。

潰しがきかない?
どういうこと?

つまり、警察辞めた後、
仕事がないってことです。

警察は独特の社会なので
染まってしまえば、
他の色には染まらないんです。

そこで生きて行くしかなくなる。

退職=苦を意味します。
だから、辞めたくても辞めれれない
という状況になります。

この現象は民間企業でも起こっていますが
警察を初めとした公務員は特にその傾向が
強いです。

僕も今の仕事ができるようになるまで
相当な苦労をしました。

マクドからコンビニ、仕分け。
バイトしまくりでした。

ところが、営業とか語学とかできる人は
違いました。

自分のスキルが他でも使えるんですね。

潰しがきかない恐怖

潰しがきかないとうことは
何を意味するのか?

それは人生の選択肢を狭くしている
ということを意味しています。

それしかできないから、
いやいや仕事をするわけです。

だから、ストレスも半端ないです。

人生って1回です。
警察官になったからと言って
必ず定年まで行く必要はないんです。

潰しがきく人生

潰しがきくとわかれば納得できるまで
自分でその仕事ができます。

次の仕事を見つけられるという自信。
自信があるからなおさら魅力的に
見えるので、余計に仕事がしやすくなります。

潰しがきくようにするには
どうしたらいいのか?

外見的にわかるようにするには
資格だと思います。

資格を持っているからと言って
食べられるわけではない。

でも、あるに越したことはないんです。
そこでも勉強会とかもありますし。

資格がきっかけで人脈ができる場合が
あります。

まとめ

人生というスパンで物事を見て欲しいです。
視野を広くして見てみてください。

そうすれば知識も増えますし、
友達も増えます。

潰しがきくように知識を身につけ
視野を広げている人ほど魅力があるので
警察官人生が豊かです。

そんなもんです。

皆さんも広い視野を持って潰しのきく人生を
送ってください。

最短最速で警察官になる 無料メール講座

業界初!オリジナル有料講座

1時間でブレない志望動機が作れます!

LINE@始めました
隣の受験生とはちがう!

現場で生まれた思考と感性で合格できる!最短、最速、超リアルな面接対策!

ABOUTこの記事をかいた人

元兵庫県警刑事 クレーム、コンプライアンスを内容とした企業、大学、士業向けの講演多数。 「受けるからには受かる」「受かったからには続ける」 合格するだけではなく、現場で培ったマインドセットにも重点を置いて皆さんの警察官採用試験合格を応援します。