警察官試験に必要!女性警察官の可能性~仕事における人間関係編〜

= 282
no name
警察社会って男社会っぽいしなあ。

今日は女性警察官の可能性。
第2回目です。

女性警察官の指導

男女比が9:1とは言え、
僕にも女性警察官の上司、
先輩、後輩、部下がいました。

刑事の時は女性警察官が
職場研修生としてやってきました。

僕は指導員として仕事を教えて
きました。

男性を接する時と変わりません。

でも、まあ、多少は気を使いましたが。

装備品を持たせたりはしましたし、
書類の書き方も教えてきました。

男女関係なく気さくに仕事ができたなと
思っています。

女性警察官の上司や先輩

逆に女性警察官の上司や先輩。

本当に世話になりました。

男性の上司に比べて優しかったかな。

男性の上司にボロクソ怒られていても
「頑張りよ。」
って声をかけてくれました。

嫌な思い出はないですね。
いい意味で公平でした。

退職後の女性警察官

退職後、民間企業に勤めていた時
元女性警察官と一緒に仕事を
していましたが、しっかりしていました。

レスポンスは早いし
きびきび
していました。

いつか一緒に仕事がしたいと思う人が
多かったです。

今でも、そうですね。

今後、元女性警察官の人と一緒に仕事が
したいと思っているのも事実です。

それほど、仕事ができるイメージです。

逆にいうと、女性警察官がゴールでなくても
人生経験としても役に立つということです。

編集後記

民間で面接官をやっていましたが、
元女性警察官は本当にレスポンスが
早かったなと思いました。

「さすが警察官だな」
と思う瞬間は何度もありました。

訓練されているんですね。

あとはしっかり感。
これもすごかったです。

どんな状況でも頑張りますという姿勢。

いろんな社会情勢を見て、
いろんな人を相手にしてきたから
少々のことでは凹んだりしませんでした。

あとは、そのスキルに社会情勢がさらに
身がつけば鬼に金棒だと思います。

<新白に関することはこちらからどうぞ!>

新白崇雄とLINEで友達になってください!

facebookはこちら!

<ブログに対するご声援をください!>

人気ブログランキング

にほんブログ村

 

最短最速で警察官になる 無料メール講座

業界初!オリジナル有料講座

1時間でブレない志望動機が作れます!

LINE@始めました
隣の受験生とはちがう!

現場で生まれた思考と感性で合格できる!最短、最速、超リアルな面接対策!

ABOUTこの記事をかいた人

元兵庫県警刑事 クレーム、コンプライアンスを内容とした企業、大学、士業向けの講演多数。 「受けるからには受かる」「受かったからには続ける」 合格するだけではなく、現場で培ったマインドセットにも重点を置いて皆さんの警察官採用試験合格を応援します。