広島県の警察署の金庫から現金8000万円以上が盗まれた窃盗事件

= 496

事件の概要

証拠品として保管されていた
8000万円以上の現金が金庫からなくなって
いたとのことです。

金庫のカギは2重になっており、
金庫のカギが保管されている会計課長
の机のカギの部分が壊されていたそうです。

8000万円以上の現金は証拠品だったそうです。

外部の犯行は可能か、内部の犯行かどうか

警察署の中でうろうろすることだけでも
かなり目立ちます。

その上、現金8000万円以上を持ち出して
います。

別々の証拠品ですので、封筒なども
それなりの数だったと思います。

外部の人間が警察署に入って
しかも証拠品ロッカーから現金を盗むとは
考えにくいです。

しかも、現金がある証拠品ロッカーって
だれでも持ち出すことはできません。

鍵を取りに行って2重ロッカーを開けないと
いけません。

となると、考えられるのは2パターンです。

1つは内部犯行。
内部の人なら証拠品が入った金庫がどこにあるかを
知っています。

盗むのは簡単です。
仮に責任者の引き出しに鍵をかけていても
それされ壊してしまえば、後は鍵を
開けられるわけですから。

もう一つ考えられるのは内部の人間が
外部の人間に情報をリンクしたということです。

自分は手は下さずとも、情報だけを与えて
犯行をさせるというものです。

最悪ですが可能性がないとは言えません。

むしろ、内部、つまり、警察官が関与している
可能性は十分にあります。

警察官として

この事件が受験生の皆さんに伝えていること。

簡単にいうとしょうーもないことするな
ということです。

警察官としては当然のこと、一人間として
しょうもないことをするなということです。

もし、僕の予想通り警察官が事件に関わっていたら、
県民からの信用はなくなります。

また、仮に完全に外部の人間の犯行であっても
普段からの警戒態勢の状況など相当指摘される
と思います。

証拠品の提出さえなかなか協力してもらえなくなります。

僕はワイドショー張りにこの事件を書いたわけでは
ありません。

そのもう一歩踏み込んだところで考えてほしいのです。

もし内部の犯行なら、最大の不祥事と言われかねません。

 

 

 

最短最速で警察官になる 無料メール講座

業界初!オリジナル有料講座

LINEで僕と繋がリましょう!試験についてのアドバイスがあるかも?

友だち追加

ABOUTこの記事をかいた人

元兵庫県警刑事 クレーム、コンプライアンスを内容とした企業、大学、士業向けの講演多数。 「受けるからには受かる」「受かったからには続ける」 合格するだけではなく、現場で培ったマインドセットにも重点を置いて皆さんの警察官採用試験合格を応援します。