警察官試験で意外と使ってしまう言葉、本当にその言葉で大丈夫か?

= 534

警察官試験で使う志望動機。
皆さんが使いそうな言葉の中で
それはちょっとと言うものを
選んで見ました。

その言葉の何がダメなのかを考えてみましょう。

志望動機「社会に貢献できる」??

確かに警察官の仕事は社会に貢献しています。

でも、社会に貢献している仕事って沢山あります。

というか、ほとんどの会社は何らかの形で
社会に貢献しています。

社会に貢献したいから警察官というのは
違います。

むしろ、警察官が一番社会に貢献していると
思い込んでいる方は警察 No1思考なので
ちょっと特権意識を持ちかねない。

僕ならそう判断します。

カップ麺は浅間山山荘事件の時、
現場の機動隊の命を救っているわけです。

その後の食文化に与えた影響を考えると
社会貢献度は相当なものです。

あとスマホもすごいですよ。

自衛隊、消防、みーんな社会貢献しています。

それなのになぜ警察官なのでしょう?

志望動機は「ドラマを見て憧れた」から?

僕も刑事でした。

刑事ドラマってやってますよね。

実際とは全然違うわけです。

そりゃ仕事をやりきった時の
達成感とかはあります。

でも、ドラマとは違います。

それに憧れていても、ねえ。
というのが正直な印象です。

現場の警察官はドラマと同じだなんて
思っていません。

「何言ってんだ」っていう感じです。

現実と違うことを知ってる警察官は
「ドラマに憧れて」という発言を聞いたら
どう思うか?

僕ならこう思います。

理想とは違うと気づいたら
辞めるんじゃないか、と。

イメージが先行しているわけですからね。

志望動機はリアルな方がいい?

例えば、幼い頃から貧しくて生活が苦しかった。
だから、安定した生活に憧れています。
そのためにも精一杯仕事をします。

これに警察官に対するワードを入れれば
どうでしょう?

面接をする人は警察官です。

ドラマに憧れて志望した人より
やってくれそうな気がしませんか?

面接官はどっちに共感すると思いますか?

その場では「安定だけで受けたんですか?」
とか言われるかもしれません。

しかし、その時の目や態度によっては
かなり説得力も増すはずです。

なぜかというと、理由がリアルだからです。

理由がリアルでしょ?

まとめ

警察官は冷静です。

そして、何より根拠好き。

活動も全て根拠となる法令があります。

ですから、根拠のないようなことが
好まれることはありません。

「何でそう思ったんですか」
の連続です。

これも試験の本質の部分です。

それを知っていれば手の打ちようも
あります。

 

 

 

 

 

 

最短最速で警察官になる 無料メール講座

業界初!オリジナル有料講座

1時間でブレない志望動機が作れます!

LINE@始めました
隣の受験生とはちがう!

現場で生まれた思考と感性で合格できる!最短、最速、超リアルな面接対策!

ABOUTこの記事をかいた人

元兵庫県警刑事 クレーム、コンプライアンスを内容とした企業、大学、士業向けの講演多数。 「受けるからには受かる」「受かったからには続ける」 合格するだけではなく、現場で培ったマインドセットにも重点を置いて皆さんの警察官採用試験合格を応援します。