警察官試験のおさらい!誰にも聞けないことをもう一度チェック!

= 482
  1. 春試験の2ヶ月前となりました。
    今一度、警察官採用試験について
    おさらいをしておきましょう。

    警察官試験の願書受付が始まる時期に
    自分でまだ試験について
    よくわかっていなかったりしたら
    気落ち悪いですからね。

    スッキリした状態で試験を
    申し込みましょう。

試験の流れ

警察官採用試験は1次試験と
2次試験があります。

試験内容は実施府県により違います。

1次試験は概ね教養試験や論文試験
となっています。
2次試験は面接や適性試験、体力試験
となっています。

これはあくまで概ねです。
1次試験から集団面接を行う府県も
ありますし、3次試験まで行う府県も
あります。

ここは受験する府県の警察HPを
見てください。

試験については3月から願書を受け付ける
はずです。

よくある質問

試験についてよくある質問を
まとめました。

1次試験の合格

Q1
1次試験で合格して2次試験で落ちた場合。
次の試験は2次試験から受けるのか?

A1
残念ながら1次試験から受けます。
資格試験のように1次に受かっても
2次試験で落ちれば、また1次試験から
受験することになります。

Q2
1次試験で落ちた場合、もう一回受けても
落ちるのか?

A2
そんなことはありません。
1次で落ちるのは勉強不足です。
しっかり勉強してほしいです。

2次試験

2次試験に関しても事前に準備が
できるはずです

体力試験、面接試験、論文、適性試験など。

普段から少しは意識しておいた方がいいです。

30分走るとか、30分筋トレするとか。
それくらいの時間はあるはずです。

あとは普段のニュースを見て警察官だったら
どうするかを常に考えておくことです。
これもできますよね。
時間も金もかかりません。

例えば、ひったくりが発生したとします。
スマホでそのニュースを見て
「どうやったら捕まえられるか」
「どうすれば防ぐことができるか」
「被害者が盗まれたお金は返ってくるのか?」
など、考えることができます。

こうして常に考える習慣をつけてください。

そうすれば、論文で「山」について書けと
言われれも書けるわけです。

警察官として山について書けばいいわけですから。
警察官としての山というのは、高い山もあれば
正念場という意味の山もありますよね。

そういうことです。
論文については詳しく別にブログで書きますが、
この練習をしてください。

まとめ

まずは試験の基礎を知りましょう。
わからなかったら聞く!(笑)。
モヤモヤしたまま試験に行かないことです。

何度も言いますが、わからないなら聞く(笑)!

最短最速で警察官になる 無料メール講座

業界初!オリジナル有料講座

1時間でブレない志望動機が作れます!

LINE@始めました
隣の受験生とはちがう!

現場で生まれた思考と感性で合格できる!最短、最速、超リアルな面接対策!

ABOUTこの記事をかいた人

元兵庫県警刑事 クレーム、コンプライアンスを内容とした企業、大学、士業向けの講演多数。 「受けるからには受かる」「受かったからには続ける」 合格するだけではなく、現場で培ったマインドセットにも重点を置いて皆さんの警察官採用試験合格を応援します。