警察官試験(一般知識)過去問問題集のシンプルな選び方はこれだ!

= 680
Aさん
過去問って色々あるけど
どの本が選んだらいいのかわかりません。
デカ助
では、一緒に過去問について見てみましょう。

実際に試験問題を作った人と話をしたことが
ありますが、なかなか大変そうです。

なぜ過去問をやるのか?

なぜ過去問をやるのか。

それは問題を作る人が過去問を参考に
しているからです。

何も見ずに作ると、極点に問題が
難しくなったり、簡単になったりして
試験として成り立たなくなるからです。

合格点が去年が60点だったのに
今年は20点だと、本当に勉強をした人が
上位にいっているのか疑わしくなります。

問題の質、レベルがコロコロ変わるようでは
まぐれ合格が増える可能性があります。

問題が難しすぎると勉強やってる人も
解けないので、勉強をしていたかどうか
の意味がなくなります。

問題が簡単な場合も同じ。
誰でも解けちゃうと意味がないんです。

要はほどほどのレベルに保つ必要が
あります。

ですから、ほどほどのレベルを維持している
過去問を参考にしているということです。

オススメの参考書

1 東京アカデミー 出たDATA問 過去問精選問題集

   1ページで1問になっており、
   問題のすぐ隣が回答、解説に
   なっています。

   5択形式での問題がそのまま
   掲載されています。

   問題数としてはそれほど多くない
   のでやりやすいです。

   このシリーズは基礎編と実践編に
   別れていますが、警察官の場合は
   基礎編で十分です。

   ただし、地方上級や国家2種からの
   滑り止め受験者は、実践編もやってくる
   はずなので、警察官希望者は気を抜かず
   基礎編をやり込んでください。  

2 実務教育出版 新スーパー過去問ゼミ

   公務員試験の大御所
   実務教育出版の過去問。

   東京アカデミーの過去問と比べて
   あまり差がないです。
   好みの問題かなと。

   紙質であったり、解説の書き方であったり
   そこで判断していただければと思います。

   個人的は要点整理があるので、
   こちらを買う場合は基本書はいらないかな
   と思います。

3 実務教育出版 過去問350

   過去問満載の大型書籍。
   オールインワンが好みな方には
   オススメです。

   ただし、サイズが大きいので
   通勤や外での使用には向いていません。

過去問のやり方

ひたすら繰り返しやってください。
ひたすらです。

わからない部分だけを他の本で確認する。

解説を丸暗記できるレベルに行くまでは
他の問題集やらなくていいいです。

解説や要点整理まで覚えた頃には
受かっていますから。

これはセンター試験問題集まで
手を出した僕の反省点です。

今紹介したシリーズ。
どちらにしても3冊はありますから。

まとめ

高卒の場合は過去問が
それほど充実していません。

むしろ、学校の教科書などの復習を
オススメします。

また、大卒は地方上級や国家2種に
高卒は地方初級や国家3種に
それぞれ該当しますので、それらの
過去問をやるのも手です。

1度書店に行き現物を見てみましょう。
大きさや見やすさも大きなポイントです。

 

 

 

※警察官受験専用のメルマガ準備中!

<新白に関することはこちらからどうぞ!>
新白崇雄のfacebook

<ブログに対するご声援をください!>
人気ブログランキング

にほんブログ村

   

 

最短最速で警察官になる 無料メール講座

業界初!オリジナル有料講座

1時間でブレない志望動機が作れます!

LINE@始めました
隣の受験生とはちがう!

現場で生まれた思考と感性で合格できる!最短、最速、超リアルな面接対策!

ABOUTこの記事をかいた人

元兵庫県警刑事 クレーム、コンプライアンスを内容とした企業、大学、士業向けの講演多数。 「受けるからには受かる」「受かったからには続ける」 合格するだけではなく、現場で培ったマインドセットにも重点を置いて皆さんの警察官採用試験合格を応援します。