警察官試験面接で聞かれた質問はまずはその意図や意味を考えてみよう

= 222

警察官試験の面接で聞かれる質問。

どのような面接対策をしていますか?

聞かれたことに対する質問に答えるだけが
解答ではありません。

その質問の意図がわかれば答えるときも
違ってきますよね?

志望動機は?
大学でゼミはなんでしたか?
クラブは入っていましたか?
家族は警察官になることに理解を示して
くれていますか?
全寮制でも大丈夫ですか?
どのような警察官になりたいですか?
警察官職務執行法について
何か知っていますか?
あなたの長所や短所は?

など、いろんな質問をされるはずです。

このような質問だと答えやすくなります

仮の話をします。
これらの質問についての答えを
用意しているとしましょう。

① 警察庁長官の名前を知っていますか?

このような質問が来たとします。

あなたはどう答えますか?

考えてみてください。

では、ここで質問を変えてみます。

② あなたが困った顔を見たいので聞きますが、
警察庁長官の名前を知っていますか?

どうですか。

①と②だとどちらの方が答えや安いでしょうか?

普通は②のはずです。

作問意図、問題を出す側の意図がわかれば
答えやすくなるのです。

ですから、面接の攻略で大切なことは
① しっかりとした志望動機や自己PRを作りこむ
② 質問意図を理解する
ことが大切だと思います。

ですから、面接ではこの2つのポイントが
大切になってきます。

質問に対する僕の推測

僕の場合、質問がこのような意図というのは
ある程度はわかります。

さすがにそれほど的外していないと
思っています。

警察官はいろんなと接して時には
対峙します。

その中で何が大切なのかは
さすがにわかります。

そして、何が問題になっているかも
わかります。

推測結果は各予備校なりで違うと
思います。

僕の場合は現場の警察官でしたので
現場で活躍できそうかどうか
を判断するにはなにを聞けばいいのか
がなんとなくわかります。

しかも、志望動機なども実際に聞いてみると
微妙に違ったりします。

警察官としての感覚、必要性を頭において
見ているからです。

逆にいうとそこをおさえれば5,6倍の
2次試験はクリアできる可能性は十分に
あります。

 

 

 

 

 

 

最短最速で警察官になる 無料メール講座

業界初!オリジナル有料講座

1時間でブレない志望動機が作れます!

LINE@始めました
隣の受験生とはちがう!

現場で生まれた思考と感性で合格できる!最短、最速、超リアルな面接対策!

ABOUTこの記事をかいた人

元兵庫県警刑事 クレーム、コンプライアンスを内容とした企業、大学、士業向けの講演多数。 「受けるからには受かる」「受かったからには続ける」 合格するだけではなく、現場で培ったマインドセットにも重点を置いて皆さんの警察官採用試験合格を応援します。