警察官試験にも就活にもおススメ!あなたもこうすれば面接に慣れる

= 421

面接の慣れ方について。

ある書籍などでは、
『民間企業で試しましょう』
とか書かれてます。

うーん。

民間で面接担当してる僕に言わせれば
それって失礼な話や、と思うわけです。

そんなこと本に書かなくても。

僕は積極的にはオススメしません。

お試し面接の意義

試しの面接で力を発揮できるのか
ということとが疑問です。

また、面接を受けに来た他の人に
失礼です。

就活で民間企業を受ける場合は
いいですよ。

そもそも民間企業も大いに選択肢に
入れるべきです。

ただし、最初から試しで受ける
というのはどうでしょうか?

オススメの練習

面接に慣れるために
僕がオススメしているのは、
企業の合同説明会
警察が実施する説明会見学会です。

これらは実際に勤めている方の話を
聞くことができるので有効です。

僕もその昔、自衛隊の幹部候補生試験の
説明会に2回行きました。

担当が同じ女性で、
『説明会はもう来なくていいから、
勉強しなさい。』
と言われたことがあります。

「ダメ出しかよ」って思いましたが。

現職の幹部自衛官と話ができて
肩の荷が下りた記憶があります。

この説明会、体験会は各警察の
ホームページから検索してみてください。

フェイスブックやツイッターでも広報
している警察もあります。

っていうか、もう説明会始まってますよ!

編集後記

お試し受験を勧めるのはどうかと
思います。

企業の立場からすると面接に来る人の
ほとんどが本命ではないことはわかって
います。

公務員受験の本でこのようなことを書くと、
公務員>民間企業というイメージを
与えかねません。

民間の滑り止めで警察を受ける人も
いるわけですから。

あくまで対等ですよ。

ただし、本文でも書きましたが、
いろんな企業を見るのは賛成です。

自分の可能性を見つけるという意味
でもです。

これって採用後にも言えることです。
刑事になりたかった人が交通に行くこと
もあります。

ここでどう考えてどう行動するかです。
将来、交通のプロになるかもしれない。

そんな可能性はありますから。
自分の可能性を常に考えて行動していけば
他力で方向が曲げられても、
その中で前に進んで行くことができます。

<新白に関することはこちらからどうぞ!>


新白崇雄とLINEで友達になってください!

facebookはこちら!

<ブログに対するご声援をください!>

人気ブログランキング

にほんブログ村

 

 

最短最速で警察官になる 無料メール講座

業界初!オリジナル有料講座

1時間でブレない志望動機が作れます!

LINE@始めました
隣の受験生とはちがう!

現場で生まれた思考と感性で合格できる!最短、最速、超リアルな面接対策!

ABOUTこの記事をかいた人

元兵庫県警刑事 クレーム、コンプライアンスを内容とした企業、大学、士業向けの講演多数。 「受けるからには受かる」「受かったからには続ける」 合格するだけではなく、現場で培ったマインドセットにも重点を置いて皆さんの警察官採用試験合格を応援します。