警察官面接試験で最も面接官に印象を与える方法をお話しします!

= 767

僕の回答としては
第一印象で決まる場合ケースは多いです。

第一印象は7秒で決まるそうですが。

まさにその通りです。

では、7秒で面接官を虜にする方法
お話ししましょう。

第一印象とは

第一印象。
本当に大事です。
痛感します。

会う前、会った後の印象の
違いはあります。

しかし、実際に会った場合は
大体そのままです。

逆に面接が始まって
終わってみると意外に良かった
という例は僕の場合、
あまりありません。

人間の醸し出す雰囲気?
空気?気?

なんなんでしょうか。

第一印象は7秒で決まると言われますが
決まります。

いい印象の方は次のステップに
進むことを前提で面接が進みます。

そうでない人はマイナス要素を
探し始めます。

えらい違いですよね。

では、どうやって良い第一印象を
与えることができるのか?

これって方法はないです。

本当に方法はないのか?

第一印象ってその人が持つ
本質そのものです。

面接で部屋に入った初対面の時
「この人、良いかも!」
って思わせるには、そう思わせる空気
が必要です。

それって、敢えて作るものではないです。

日々のコツコツとした意識の変化、
考え方の変化に伴う自信とかでしか
身に付かないです。

仮に作ったとしても短期間では無理です。

自信とかって短期間では身に付かないですよね。

僕は警察官に関わらず、面接はそういう部分で
勝負して欲しいです。

面接の場合の第一印象の与え方

部屋に入る前の一言。
席に座る前の一言。

「失礼します。」

これで決まるのではないでしょか?

ここをバシッと言うことができれば
「おおー、しっかりしてるな。」
という印象を面接官に与えることが
できます。

「失礼します」
より
「失礼します」
の方がいいですよね。

見た目は別の記事でお話ししますが、
第一印象は大切ですので、
ぜひ参考にしてください。

ハキハキ感と声の張りですね。

 

<新白に関することはこちらからどうぞ!>


新白崇雄とLINEで友達になってください!

facebookはこちら!

<ブログに対するご声援をください!>

人気ブログランキング

にほんブログ村

 

最短最速で警察官になる 無料メール講座

業界初!オリジナル有料講座

1時間でブレない志望動機が作れます!

LINE@始めました
隣の受験生とはちがう!

現場で生まれた思考と感性で合格できる!最短、最速、超リアルな面接対策!

ABOUTこの記事をかいた人

元兵庫県警刑事 クレーム、コンプライアンスを内容とした企業、大学、士業向けの講演多数。 「受けるからには受かる」「受かったからには続ける」 合格するだけではなく、現場で培ったマインドセットにも重点を置いて皆さんの警察官採用試験合格を応援します。