99.9-刑事専門弁護士 有罪率99.9%の理由?警察官受験生必見

= 329

今回は嵐の松潤が主演の
ドラマ「99.9ー刑事専門弁護士 Season Ⅱ」
について僕の見解を書いていきます。

このドラマも面白かったです。

しかし、ドラマでの警察は悪い悪い(笑)。

では、書いていきます。

日本はなかなか逮捕できない

警察にはすごく権限があって簡単に逮捕できると
思っている方がおられるかもしれません。

しかし、実際にはそんなことはありません。

人の身体を拘束するには相当な証拠を集めないと
いけません。

逮捕状を請求するのに数センチの厚さになる
書類を作成しなければいけません。

これは事件の大小云々の問題ではありません。

ですから、逮捕の段階で裁判所の厳格な審査が
あります。

そのことが大きく影響していると思います。

証拠主義への移行

また、以前は取り調べで自白の信用性が高かったのですが、
現在は自白より証拠の方が大切になってきています。

自白にしても重要事件の場合は
取り調べの状況を録画しています。

ですから、今後は物理的にも
自白を強制することはできなくなります。

取り調べよりも証拠を集めることの方が
重要視されます。

防犯ビデオなどは顕著な例です。

ドラマ最終回の防犯ビデオの録画時間の誤差

ドラマの最終回でも出てきました。

ガソリンスタンドの防犯ビデオの時間と
レジの記録時間の誤差。

この時間の誤差を確認しなかったことで
犯人の供述に矛盾があったという物語に
なっています。

しかし、このようなビデオ等の時間の誤差は
捜査の基礎の基礎です。

まず、初期段階で判明します。

殺人事件でこの初期捜査を怠るなんて
ありえないです。

万が一、警察の捜査の手落ちで抜けていたとしても
検察から捜査の指示が出ます。

なんせ、捜査が細かいです。

ここまで確認するのかって思うはずです。

警察官になった後で、あまりにも地味な作業に
がっかりしないでください(笑)。

それほど、一つ一つをコツコツやる仕事です。

僕が知る限りではそうです。

裁判官と検察官は仲がいいのか?

これは僕にはわかりません。

ただ、逮捕状などは警察が裁判所に直接請求します。

検察官に事前相談することもありますが、
基本単独で行うことが多いです。

警察からの請求に対して裁判官が許可をするという
形を取っています。

終わりに

冤罪という言葉がこのドラマでは
よく出てきます。

確かに冤罪はゼロではないかもしれませんが、
逮捕・勾留は厳格な裁判所の許可がいります。

ですから、却下されることも多々あります。

無罪率は低いかもしれませんが、
逮捕・勾留状請求の却下は
それなりにあります。

つまり、事前に跳ねられるのです。

事前審査が厳しいのです。

また、検察も起訴は簡単にはしません。

各ステップで厳格な審査があることを
知っておきましょうね。

受験生の皆さんへ

ドラマはあくまで参考です。

ドラマを見て司法への関心が高くなることは
素晴らしいことです。

司法が知らない世界のことでは
いけないと思います。

しかし、ドラマは関心を持つきっかけであって
現実とは違います。

弁護士と警察官との関係も皆さんが思っている
ようなのもではありません。

ですから、ドラマがきっかけで志望するのは
いいことかもしれませんが、それが全てではいけません。

リアルな社会で仕事をする等ことを忘れないで
欲しいです。

最短最速で警察官になる 無料メール講座

業界初!オリジナル有料講座

LINEで僕と繋がリましょう!試験についてのアドバイスがあるかも?

友だち追加

ABOUTこの記事をかいた人

元兵庫県警刑事 クレーム、コンプライアンスを内容とした企業、大学、士業向けの講演多数。 「受けるからには受かる」「受かったからには続ける」 合格するだけではなく、現場で培ったマインドセットにも重点を置いて皆さんの警察官採用試験合格を応援します。