LinQの秋山ありすさんから学ぶ転職・就活・人生設計

= 331

LinQというアイドルグループの
秋山ありすさんがこの度医師試験に
合格したそうです。

元々、九州大学医学部に通いながら
アイドル活動を続けていたそうです。
卒業時に医師の国家試験に落ちましたが、
その後、アイドル活動を休止して再受験。

見事に合格されたというわけです。

このニュースから僕たちが何を学ぶべきか
を見ていきましょう。

ブレない信念

普通、アイドル活動が順調に行けば
「今のままでいいか」
って思うのが人間です。

人って面倒なことはやりたがりません。
楽な方に行きたがります。

そりゃ楽ですからね(笑)。
何も考えたくないです。

でも、秋山さんは医師になるという目標を
変えることはなかったとうことです。

九州大学の医学部ですよ。
入学するのが半端なく難しいはずです。

あくまで人生経験として、
今しかできないことを
やっていたのだと思います。

アイドルとしてチヤホヤされた時期も
あったでしょうか、ブレなかったんでしょうね。

これらかの生き方

秋山さんの場合、まさに主体性を持って
行動されているわけです。

自分の人生設計や夢があって
それにどう合わせていくかです。

医師試験合格という夢がある。
でも、今しかできないこともしたいから
アイドルに入る。

しかるべき時期が来たら本来の夢に向かって
行動する。

行き当たりばったりではないんです。
その場しのぎではない。

周りの環境に振り回されるのと大違いです。

自分がどう生きたいか。
そのために今は何をすべきか。

これを考えている人は強いです。

受験生のメッセージ

警察官になりたい方も同じですね。

途中で警察官を退職して弁護士になった方も
おられるようです。

検事になった人はいます。

今はまだ警察官になりたいという
シンプルなものでいいんです。

しかし、警察官として過ごす中で視野を広く
持てばいろんなことが見えて来ます。

上に書いた二人。

なんとなく弁護士や検事になれるはずが
ないんです。

警察官として仕事をする中で
変わって来たのかもしれません。

もしかすると、警察官になる前から
鞍替えは考えていたのかもしれません。

どちらにしても、なんとなく仕事をするのは
楽しくないものです。

40歳にして
「早く定年にならないかな」
と思うほど面白くない人生はありません。

一つの仕事を貫くにしても自分のビジョンを
持っておく必要があります。

今は持てなくても、どう生きようかっていうことを
考えていれば何かが見えてくると思います。

最短最速で警察官になる 無料メール講座

業界初!オリジナル有料講座

1時間でブレない志望動機が作れます!

LINE@始めました
隣の受験生とはちがう!

現場で生まれた思考と感性で合格できる!最短、最速、超リアルな面接対策!

ABOUTこの記事をかいた人

元兵庫県警刑事 クレーム、コンプライアンスを内容とした企業、大学、士業向けの講演多数。 「受けるからには受かる」「受かったからには続ける」 合格するだけではなく、現場で培ったマインドセットにも重点を置いて皆さんの警察官採用試験合格を応援します。