警察官面接試験における究極の時事問題対策と答え方をお教えします

= 2614

警察官試験の時事問題対策。

要は最近気になったことニュースに
ついてです。

警察官自体が自身時事問題が苦手な
ような気がしますが、ここもしっかり
押さえておきましょう。

ニュースのここをチェック

警察官の試験ですから、警察官に関わる
ニュースには目を通しておきますしょう。

たくさんあります。

僕なんかフェイスブックでシェアできない
くらい警察関連の記事があります。

・事件
・交通事故
・警察官の不祥事
・高齢化問題
・社会をにぎわせた出来事
などです。

高齢化問題?

そうです。

高齢者の事故、高齢者の万引き等は
増加し続けてます。

高齢化ということはこれからますます
増えるとうことです。

警察との関連性はかなりあります。

自分の失敗談

僕は平成10年の試験のことです。

僕は面接官に心に残るニュースを
聞かれました。

答えたのが「阪神大震災」。

面接官の答えは
「兵庫県民の君の体験はわかるけど、
ニュースとして聞いたんだよ。」
って言われました。

確かに心に残った出来事とニュースでは
意味が違います。

結果としては受かりましたが
一番後悔した面接での回答でした。

僕の時事対策

僕の場合、フェイスブックなどで
シェアした記事にコメントを書いています。

僕の場合、記事をシェアすることで
自分の考えを短文で発信する訓練
います。

「アイドルが公務員だって〜」
はただの感想です。

これでは
「あなたはどう思いましたか?」
と聞かれた場合の答えになっていません。

「ズゴイと思いました」
「しっかり人生設計していると思いました。」
では印象が全く違いますよね?

ニュースを見た感想ではなくて、
ニュースを見てどう思ったかです。

試験チェック

面接や論文対策となれば
1 なぜその記事が目に止まったか
2 その記事を見てどう思ったか
3 その事件の問題となった部分
4 自分ならこうする
というように、乾燥から広げる練習を
する必要があります。

ツイッターで上の1〜4について
意識して呟くとか(笑)。

これ冗談ではなくて本気ですよ。
意識して呟けば練習になります。

僕が面接講座を始めたら
やってもらおうかと思っています。

もちろん、悪用、乱用は厳禁です。
会社でも警察でも大問題になります。

あくまで自己啓発としての発信です。

<新白に関することはこちらからどうぞ!>
新白崇雄のfacebook

<ブログに対するご声援をください!>
人気ブログランキング

にほんブログ村

 

 

最短最速で警察官になる 無料メール講座

業界初!オリジナル有料講座

1時間でブレない志望動機が作れます!

LINE@始めました
隣の受験生とはちがう!

現場で生まれた思考と感性で合格できる!最短、最速、超リアルな面接対策!

ABOUTこの記事をかいた人

元兵庫県警刑事 クレーム、コンプライアンスを内容とした企業、大学、士業向けの講演多数。 「受けるからには受かる」「受かったからには続ける」 合格するだけではなく、現場で培ったマインドセットにも重点を置いて皆さんの警察官採用試験合格を応援します。